龍華霊園

檀家制度がない、お寺が出来たのはどうしてなの?

お寺や僧侶を守るのではなく、信者様の家庭設計や老後への心遣い、家族との別れなどの悲しみや社会で生きていく上での悩み苦しみなど、仏教に説かれた教えを、伴に考え解決していく姿勢がなければ仏教の将来はないでしょう。人の生活や思いを心から大切にすることこそが、寺や僧侶が生かされる唯一の道に成るのだと信じています。私も仏教信者の一人として、皆様と共に悩みや悲しみのむこうにある真実・教えを探そうと願っています。そんなお寺に檀家制度は相応しくないと感じ、37年前に今日の龍華寺が誕生しました。

ご法事等はご希望により、私でよければという思いでお受けしています。

私で良ければという言葉の裏には、私でダメなら、一生懸命でなければ、という思いが潜んでいます。

日本語をほとんど使わないお経は、お釈迦様の言葉で、仏様やご先祖に語りかける、又は呪文??の意味も含めて大切に忠実にと思っていますが、それだけで良いのか?残されたご家族の為に、お経に説かれた心の切り替えや、慰めを伝えなければ、「お経を聞いた」「意味を知っている」の次に「仏教を使える」ところまで昇華し、吸収して頂かなければ(使えないものが人に必要な訳がない)。年忌や法要、そして悲しみの中に隠されている貴方の深い優しさに気付いてもらわなければ…。悲しみから悲しみが生まれるのではない!! 「貴方がいてくれてありがとう」「世話になったネ」という先祖の思いと「あれもしてあげれば良かった」「あれは言わなければ良かった」という残された者の温かい思いが悲しみを生むんだと、そこに気付いて頂かなければ仏教がいらなくなる。お葬式から四十九日の間に有る深い悲しみをどのように優しさに変えていくのか…。一周忌から3回忌、そして50回忌まで「去り逝きし人の想い」に対する理解と、残された者の心の切り替えやその保ち方は、住職にとっても、とても大切で 自らの生活の中でも救われることが数多くありました。ただお経を聞くだけではなく(これはご先祖の為には必要なのかもしれませんが)仏教の持つ、先立たれた方への思いやり(ご供養)と、残された人への心のケア、その2つの問題は分けて考える必要があると信じています。私の拙い経験とご信者様とのふれ合いの中で得た、その切なる思いを書き綴ってみました。

お寺は霊園の片隅で・・・でも一生懸命に

霊園創立より30余年。6000基を超えるお墓を建立頂きました。その内、霊園としてのみの利用を望まれる方がほとんどですが、悲しい安心でしょうか、何かあったらお願いねという方もあり、約2000余基のお客様はお寺としてのお付合いを望まれます。当寺は創立以来、また将来にわたって檀家制度の採用はありません。
一期一会」 1回限りのご法事等のご縁こそ、悲しみの中にある残された貴方の優しさ、先立った方の温かさを知って頂くためにも、大切なことだと思っています。

龍華霊園、永代供養花の写真
龍華霊園コラム

♦極楽のおじいちゃん元気でね・・・H22.11/26〜H23.2/4 (チラシより抜粋)

園内の精霊流しにて ・ 先立った人へ・・・園内の川の流れに乗せて灯籠のお手紙が流れて行く。「体の弱かったおじいちゃん、極楽で元気にしててね。」孫より・・・ お寺や和尚の願いだけでは叶わないその思いを信者様達のこのような優しさ・暖かさがあって、この場所を輝かせることになる。それが本当に有難い。 護摩焚きは、1年間の法要のお塔婆と灯籠のお手紙が焚き清められ、煙になって仏の世界に送られる儀式。(8月15日お盆の法要) 1月にはご先祖様から、皆んな幸せでねと破魔矢が送られてくる。(1月9日新年厄除法要)人は死を迎え、その心はやがて仏となりお身体は土に還り、お花に咲き帰る。 そろそろ冬のお花の出番です。
スタッフ一同、想いを込めて育てます。お花になったご先祖様に逢いに来て下さい

♦悲しい別れ・・・・・H23.2/11〜H23.6/10 (チラシより抜粋)

平成19年の夏の終わり、お寺の古い友達(信者さん)の来訪を受けた。お医者様に余命3ヶ月、来年の桜は見ることが出来ないだろうと言われたという。お医者様もそうなのだろうが、和尚にとっても最も辛い場面である。一人暮らしの彼女は、覚悟を決めてお迎えの後の全てを頼みに来ているのだ。それは、しっかり受け止めて安心を差し上げなければならない。せめてもう一度春の桜は見てみたいと願う彼女に、その場に居合わせた職員さん達も加わり、頑張ってネ、一緒に見ようネ…。それから9ヵ月、彼女と職員さん達との様々なふれあいの中で、約束のお花見、お寺の満開の桜の下でお弁当をひろげての泣き笑いのひとときは持つことが出来た。旧盆近くの7月6日、彼女は逝った。それから3回目の桜の季節がやってくる。人はこれから幾度、春を迎えることが出来るのか。まだ私が一度も行ったことのないその世界に旅立った人たちを思い、思い出し、幸せでね、元気でねと願いたい。せめて園内のきれいなお花になって帰ってきてねと… 。

♦お浄土へのお手紙・・・・・H22.9/24〜H22.11/19 (チラシより抜粋)

社会やお寺そして人々のふれあいが希薄になっていくこの頃、8月15日は千を超える灯籠のお手紙がご先祖様に送られました。悲しみがやさしさになって流れていく、そんなひと時、先だった人を想い集う家族達、その人達のお役にたっているのか?想いを汲み取れているのか?ご負担は?本当に私達も色々考えなければ、何か変わっていかねばと実感させて頂きました。

トピックス

【龍華霊園年6回のイベント】
次回法要のお知らせ・・・・・・・・・・
2017年1月15日(日)新年厄除け法要〈鳥栖、午前11時〜 大野城、午後3時〜〉

・2016/11/13最新のチラシを掲載しています。>>>